奇跡のホワイトライオン世界猛獣ショー木下大サーカス
トップページへ 割引クーポンのページへ よくある質問FAQのページへ サイトマップへ メールはこちら
公演スケジュールのページへ チケット購入のページへ プログラムのページへ スターに注目のページへ オリジナルグッズのページへ こども広場のページへ 会社概要ページへ
イベント

風間シゲキさん (グラフィックデザイナー)
A事前予告用
テーマ:「台風」「UFO」そして「サーカス」それは「日常生活」に突然訪れる「非日常」

これから何がおこるのか、期待と不安が入り混ざり、これからやってくる「木下大サーカス」を大いに予感します。

あえて内容等の具体的要素は一切外し、「もうすぐ、サーカスがやってくる」という情報のみを見た顧客層の潜在意識に埋め込みます。一時的に潜在意識に埋め込まれた情報が曖昧であればあるほど。大脳の扁桃体は不足部分を情報を補填するため想像し、記憶に残ります。そして、潜在的に次の本告知情報を期待する様になります。

★作品Aはこちらをクリックしてご覧ください(pdf 657KB)

B本告知
テーマ「スペクタクル」「夢」「勇気」そして「感動」

「木下大サーカス」の魅力と内容を存分に顧客層に対しアピールできる様にデザインしました。キャッチコピーの「熱き挑戦者たちのステージ」を強調するため暖色系の赤系で全体を統一。

既に事前予告を見た顧客は本告知用ビジュアルを見た事により、一層記憶が増幅され、観覧意欲を増幅する効果があります。

★作品Bはこちらをクリックしてご覧ください(pdf 845KB)

C本告知-補完用
テーマ「名人芸」「伝統」「芸術性」それは「大人のためのサーカス」

一般観客の視点から見ると「サーカス」=「子ども向け、あるいはファミリー層向けの娯楽」との認識が強いと感じます。そのため、「会場では小さい子供が騒いでいるのでは」といった偏見により、今まで観覧を避けていた顧客予備層(主に子供のいない成人カップル、夫婦〜ご高齢夫婦)に対し「芸術性」「伝統」「名人芸」といった観点から大人が堪能できるエンターテイメントとしてのサーカスという広告展開も併せましてご提案致します。
本告知用ビジュアルと並行し、告知場所等に変化をつける事により効果が一層発揮いたします。
「芸術性」「伝統」「お洒落」「スタイリッシュ」「懐かしさ」といった観点でレトロ調にデザインいたしました。

★作品Cはこちらをクリックしてご覧ください(pdf 789KB)

吉富一樹さん (デザイン制作)
私自身、子どものころに見たサーカスが今もしっかり心に残っております。
人と動物の迫力のショーを観ていると魔法の世界に居るような気分になったのを色鮮やかに覚えています。
私も現在では3児の父になりました。
世の中はデジタル化が進み、本物に触れる機会があまりにも少なく、ネット、ゲーム、スマホで仮想にどっぷりと浸かってしまっている…
そんな時代だからこそ、私の少年時代に味わった感動を多くの子ども達に観てもらいたい!
その想いで今回のポスターを制作致しました。

★作品はこちらをクリックしてご覧ください(pdf 634KB)

影山 誠哉さん (フリーイラストレーター)
ある特定の年代ではなく、幅広い年齢層が一目見て、サーカスのポスターとわかり、なおかつ興味をそそらせられるか。
期待と不安を明暗の幅で表現し、外観で見る巨大なテント以上に屋内に入った時の空間の広さを感じさせられるか。
ポスターの枠からはみ出した、描かれていない部分を想像させ、なおかつ近づいて食い入る様に、細かい部分を見たくさせられるか。
以上、3つのポイントをあげ、これらをポスター内に表現出来る様に制作してみました。

★作品はこちらをクリックしてご覧ください(pdf 803KB)

金光 宣中さん (デザイナー)
小さい頃、家族や友人と幾度か行かせて頂きました。初めて行った時はポスターが恐くて行くのが嫌だったのを思い出しました。
今回は絵本のようなPOPで子供でも大人でも楽しんでもらえる飽きのこないイメージで描いてみました。
毎回、真剣に挑んでいるサーカス団の皆さん,時には命を落とす大変なお仕事です。
その真剣な眼差しをホワイトライオンの瞳にしてみました。興奮、感動、時には笑い、だからこそお客様を虜に出来ると思います。
そのようなお仕事にも私も参加出来ればと思い応募致しました。

★作品(タテ)はこちらをクリックしてご覧ください(pdf 591KB)
★作品(ヨコ)はこちらをクリックしてご覧ください(pdf 508KB)

東山 晴香さん (専門学生)
こどもから大人まですべての人がわくわくするような明るいポスターを作成しました。

★作品はこちらをクリックしてご覧ください(pdf 803KB)


ページトップへ

トップページへ トップページへ